FC2ブログ

M&K

18禁BLゲーム「鬼畜眼鏡」に溺れる管理人の萌えやSSで構成されたブログです。  ※18歳未満(高校生含む)はお引き取りください。  リンクフリーです。(詳しくは「はじめに」をご覧下さい。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

更新しました「蝶と蜘蛛」

こんばんは


蝶と蜘蛛の最新話を上げました。
あと一話で完結の予定です。
そのあと後日談を書くかも。



***



過去のネタメモを漁っていたら、
「ノマがバーテンダー、御堂さんがマフィア、眼鏡が世界的犯罪者」
というパラレルネタのメモがありました。
あらすじだけご紹介いたします。



ノマがはやらないバーで働いていると、客としてやってきた良い男(御堂さん)が賭けを仕掛けてくる。
賭けとはノマが作ったカクテルの材料を御堂さんが当てるというもの。
見事勝った御堂さんはノマをお持ち帰りする。

良い感じになって、一夜を共にする。(お約束)

しかし翌日ノマはベッドに拘束されていた。
状況がわからず動揺するノマに、御堂さんは「お前が世界的詐欺師の佐伯克哉だろう。
お前のせいでうちのファミリー大きな損失を被った。責任を取れ」と言い放つ。
見覚えのないノマ。「佐伯克哉」とは眼鏡のことだと気づく。
けれど御堂さんには双子の兄だと信じてもらえず、その後も監禁される。

御堂さんは家にいるときはずっとノマを抱いたり世話を焼いたり。
ノマは快楽と優しさとでほだされかける。

そしてやっと御堂さんが出かけたとき、どこからともなく眼鏡がやってくる。
やっぱり御堂さんのファミリーを嵌めたのは眼鏡だった。
けれど眼鏡はノマに身代わりになってここで捕まっていろ、という。
御堂を憎く思ってはいないんだろう、の言葉に反論できないノマ。

眼鏡に犯られる。(お約束)

帰ってきた御堂さんは誰かほかの男に蹂躙された後の色濃いノマに怒りMAX。
無理やり抱かれつつ、ノマは謝る。
その涙に御堂さんの良心は痛み、少し冷静になる。

「君に言われたことが気になって、調べてみた。確かに君は双子だった。
君は佐伯家で、もう片方の子供は生まれてすぐに養子に出された。
しかし運命のいたずらか、その子供も養子先で克哉と名づけられた。
何度か養子先が変わり、最終的には佐伯という名字になった。
これで、同じ顔をした佐伯克哉がこの世に2人になったわけか。(超展開)
君の言うことを信じなくて済まなかった」
「いいえ……。信じてもらえてうれしいです。好きです」
「克哉! 私もだっ」
「あんっ」

めでたしめでたし。



なんて荒々しいあらすじ……!
どうぞご自由に細部を妄想して悶えてくださいませ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。